KyLog〜Hacks for good life〜

ライフハックを中心に好きなコトやモノをわかりやすく情報発信していきます!

1級建築施工管理技士を独学で取得する勉強方法(学科編)

此の度、1級建築施工管理技士試験に独学で合格致しましたので、これから受験/合格を目指す方向けに少しでもお役に立てればと思い、勉強方法のご紹介を致します。

#この記事は学科試験の勉強についての記事です。 

f:id:meganecafe:20160328225336j:plain

建築施工管理技士とは?

国土交通省管轄の施工管理技士国家資格の1つです。

試験は年に1回のみ行われています。(実施団体は一般財団法人建設業振興基金)
#試験時期や試験資格等の詳細は公式HPをご確認下さい。

 

1級建築施工管理技士は資格の習性上、施工管理のスペシャリスト(建築エンジニア)として認識されています。

具体的な業務内容としては施工過程における計画及び管理(施工計画、行程管理、品質管理、安全管理等)に重点を置いた業務になるかと思います。

matome.naver.jp 

筆者のスペック

2015年(H27年度)実施試験の合格者です。(初回での合格)
建築、電気、管工事の施工管理経験者で、他にも
1級電気工事施工管理技士
1級管工事施工管理技士
も保有しています。

勉強時間

勉強期間はおよそ2.5ヶ月でした。

試験が6月中旬だったので4月から勉強を開始しました。
週に5日、往復の通勤の電車の中で30分づつ計1時間ほどを勉強時間に充てました。
さすがに試験前日等は集中して勉強しましたが
基本的に勉強は通勤の電車でのみやる。休日はやらない。という方針でした。

 

使用教材

www.amazon.co.jp

日建学院の過去問、これ1冊だけです。

購入時に色々迷ったので他の過去問とも見比べてみましたが、僕としてはこの過去問がベストだと感じて手に取りました。
理由としては
•1問ごとに要点が抑えてある
•問題の整理内容が割と良い
•科目別に並べられている
(多くの過去問が年度ごとに問題を並べられたものが多い中で、この過去問は科目別に並べられています。同じような問題を同じタイミングでこなせるので習熟度や理解度を上げるには適していますし、出題の仕方や傾向も掴めます。)

以上の理由が挙げられます。

 

加えて、最も重要なポイントとしては
解答と解説が同じページに記載されている事です。(一部見開き2ページもありますが)
解答と解説が完結しているので、解答を求めてページをめくったり、別冊の解答を開く必要がないので、非常に読みやすく理解しやすいです。
一問一答式で解いていかなければならないのに、問題毎に何度もページをめくるのは時間のロスですし、脳への定着も薄まります。

#脳は関連する複数の情報を見開き1ページで示された方が記憶しやすいという説もあります。

長くなりましたが、これが日建学院の過去問を選択した理由です。

勉強方法

過去問を繰り返し読み込む、これだけです。笑
僕はやりませんでしたが、余裕がある方は予想問題にチャレンジしておくのも良いと思います。

読み込む際には正解は隠す必要はないです。
とにかく、テキストのように何回も読み込んで問題と解答をセットで記憶に定着させることがポイントです。
理由としては、1級建築施工管理技士の学科試験は過去問と全く同じ、または、ほぼ同じ問題が多く出ます。問題は四肢択一式で『不適当なもの』を選択する問題がほとんどですので、記憶の定着が曖昧でも最低限のレベルで不適切な文章や解答さえ覚えておけば、正解率は向上します。

 

問題集を最初から最後まで通しで使用し、

問題を解く→答え合わせ

という使い方や勉強方法の方がいるかもしれませんが、これではある程度の固まって集中できる時間と場所が必要となってしまいます。

ただ勉強をしたい、という方はそれでも良いかもしれませんが効率的に「合格」したい、という方はこのやり方がオススメです。

僕はこのやり方で合格しましたし、他の施工管理技士試験も同様のやり方で取得しています。

 

合格のその後、、、

あまり変わりません。笑
ですが、社内外で無資格者と比較して優位な立場にはあると思います。(資格に溺れて見下しているわけではないです。。)
オリンピックの影響も受けて建築需要が高まる中、この資格は更にニーズが高まると思っています。
資格だけで仕事ができるわけではないですが、社会情勢や仕組みが資格を求めているのも事実です。
本質的には勉強と経験を通じてさらなる知識の習得やスキルを向上させることが必要だと感じています。

 

まとめ

•独学でもとれます。
•決して難しい試験ではないです。
•勉強は過去問をテキストのように読み込む方法がオススメです。

#但し、全く現場を知らないと厳しいと思います。また、ここでご説明しているのはあくまで僕のやり方です。最終的に合格の成否を左右するのはご自身の知識と努力だと思いますので、この勉強方法の合う合わない等はご自身の責任で判断をお願いします!!